偽ダイソンサイトの見分け方!詐欺に遭ったら返金してもらえる?

偽ダイソンサイトの見分け方!詐欺に遭ったら返金してもらえる?

Dyson(ダイソン)の偽サイトでの被害が続出しているようですね。

 

オンラインショップでの購入は手軽でアフターサポートやポイントなどが付与されるメリットもあり便利ですが偽サイトに騙されることのないようにしないといけません。

 

この記事の内容

  • ダイソンの偽サイトの見分け方
  • 詐欺に遭ったら返金してもらえる?
  • 偽サイトに会員登録してしまったらどうする?

 

偽ダイソンサイトと本家サイトの見分け方

ダイソンの偽サイトはインスタグラムやフェイスブックの広告に出てくるようです。

 

そのため、GoogleやYAHOO!から普通に検索した場合には公式サイトがヒットしますので安心です。

 

詐欺通販サイトの見分け方

  • サイトのURLアドレスを確認
  • 代引きできないサイトは注意
  • 購入を急がせるタイマーに注意

 

 

先述したように、やたらお得な広告を見かけたときには注意してください。

偽サイトかどうかはサイトのURLアドレスで見分けることができるようです。

 

例えば、下記が詐欺と判明しているサイトです。

詐欺サイトのため購入/会員登録はしないでください

http://dybin.com/

 

上記のサイトは公式オンラインサイトの画像を盗用していますが、サイトのURLアドレスはdysonではありません。

 

 

偽サイトは公式の画像を盗用して使っているため、商品の画像やサイトの雰囲気で真偽を確認するのは難しいです。

 

ですので、公式に似ているがあまりにも値段が安いサイトは、一度そのページを離れてブランド名を検索してみるなどして確認してくださいね。

 

今回は公式サイトを装っているからこそ、一度ページを離れてGoogleなどから再検索してしまえば詐欺を見破ることは簡単です。

 

ただ、格安販売サイトを装った詐欺の方が判断が難しいので注意が必要です。

 

断言はできませんが、詐欺サイトは代引きができない傾向があります。

 

代引きできない=詐欺サイト

ではないのですが^^;

 

 

詐欺は在庫のない商品を販売して代金を騙し取る必要があるので、カード決済のみか先振込が多いです。

 

詐欺サイトとして上記に例に挙げているサイトもクレジットカード決済しか選べません。
(それなのに何故か『振込名義は購入者名義にて…』などといった注意書きがありました。意味不明です。)

 

メーカー品があまりにも安くなっていて、代引きが支払い方法に選べないサイトは警戒してください。

 

 

他人事だと冷静なので怪しいとわかるのですが、当事者になると判断が難しくなってしまうものです…。

さらに判断を鈍らせる要因の一つが購入を急かすタイマーです。

これは詐欺ではないサイトでも取られている戦術の一つなのかもしれません。

 

しかし、このタイマーの場合には明らかに日本語に違和感がありますよね

『もうすぐ終わる』って…少なくともお上品な販売サイトの日本語ではありません^^;

時間制限があると焦ってしまうため、タイマーを見たときこそ一度そのページを離れましょう。

 

この手のタイマーは大体偽物です。

 

偽ダイソンサイトで詐欺に遭ったら返金してもらえる?

もしも偽サイトで詐欺に遭ってしまったら返金してもらえるのでしょうか。

例えば、クレジットカードで決済した場合にはカード会社に連絡することで請求を取り消ししてもらえることもあるようですが、現金振込や時間が経っていてカード会社に支払いをストップしてもらえなかった場合にはどうすればいいのでしょうか?

 

偽サイトで注文してしまって商品が届かない、注文したものと違うものが届いたり、偽物が届いたときの対応について調べました。

 

詐欺サイト被害に遭ったときにやること

  • クレジットカード会社に連絡
    (銀行振込なら銀行に連絡)
  • 消費者庁に連絡

 

まず、注文した商品が届かない、違うものが届いたときに取るべき手段を確認していきましょう。

詐欺サイトでカード支払い/会員登録してしまったらカード会社に連絡する

詐欺に遭ったとわかったら、まずは支払いをストップする必要があります。

一刻も早く連絡することでカード会社が請求を取り消ししてくれるかもしれません。

 

すでに引き落としが済んでいても、カード会社から返金が不可能というわけではありませんので諦めずに連絡してください。

 

ただし、時間が経っているほど事実確認が難しくなってきます。

 

できるだけ早く連絡するようにしましょう。

 

 

詐欺サイトに会員登録しただけでも念の為にカードの再発行を検討をおすすめします。

詐欺サイトで注文(銀行振込)してしまったら銀行に問い合わせる

銀行からの振込をしてしまったときにはその銀行にまずは問い合わせましょう。

 

振込の明細や控えなどを用意して、振込先を調べてもらいましょう。

 

最近は通販詐欺の報告が殺到しているため、すでに口座凍結されている可能性もあります。

 

数日経過していて、すでに相手口座に振込処理が済んでいる場合にも必ず相談してください。

 

詐欺サイトで商品を注文してしまったら消費者庁に連絡/相談する

最後に消費者庁に連絡します。

消費生活センターの連絡先は地域ごとに異なりますのでこちらを参考に探してみてください。

⇛全国の消費生活センター

 

 

なぜ、消費者生活センターが最後なのかというと、消費者庁は事実確認と情報提供をしてくれるだけであなたのお金を取り返すためには動いてくれません。

 

結局は自分のお金を取り返すためには自分で行動する必要があります。

カードの請求の取り消しにせよ、銀行振込の停止にせよ支払いをストップさせる行動を最初に取りましょう。

偽ダイソンサイトに会員登録(住所/カード情報)してしまったらどうする?

まだ、商品を注文していないが会員登録してしまった場合にはどうしたらいいのでしょうか?

 

会員登録の際に個人情報やカード情報を登録してしまった場合にはカード会社に相談のうえ、再発行を検討することをオススメします。

 

 

カード情報は入力しておらず、個人情報を登録してしまった場合には心配ですが簡単に引っ越しをすることはできませんので、退会しましょう。

退会方法がわからないときには、会員情報を削除するか、できなければ変更するなどして個人情報の漏洩を防ぎましょう。

 

偽名に変更したり、架空の電話番号や住所にでも変更しておきましょう。

ただし、それで他の方に迷惑がかかるといけないのであくまでも削除するか、架空の住所にしましょう。

偽ダイソンサイトの見分け方!返金方法まとめ

今回はダイソンの詐欺サイトの被害が多かったようですが、他にもAppleなどの人気ブランドでは同様の注意が必要です。

詐欺サイトの見分け方と返金方法まとめ

  • 詐欺サイトはURLアドレスや支払い方法に注意!
  • まずはカード会社や振込銀行に相談する
  • 購入前に周囲に相談する

 

今回はダイソンでしたが、これがもしもPS5なら、iPhone12だったら…わたしは飛びついていたかもしれません^^;

 

どうしても魅力的な商品が制限時間つきで破格になっていると正常な判断ができなくなります。

 

家族に、友人に、Twitterや知恵袋で見知らぬ人にでもいいので販売ページを共有して第3者に相談してみましょう。

 

『いや詐欺でしょ』他人に冷たくコメントされると他人事だと思って親身になってくれていないとイラつくかもしれませんが一人で判断しないことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です